おせち料理の重箱について

一年に一度のお正月の元旦の日に食べるとされているおせち料理ですが、もともとは元旦だけでなく五節句の節目事にその年に採れた穀物などを収穫した季節ごとに、神様にお供えしていた物から始まったとされているようです。

今までに培ったノウハウを活かし、おせちについて詳しく説明しています。

そこには今後も豊作や大漁を願うことと、自然の恵みに感謝していたという事が含まれています。
このようにおせち料理には、色んな意味が込められているようですが料理にも色んな意味が含まれていて、まずこのおせち料理は重箱に重ねて入れるのですが重ねて入れる事で、めでたさを重ねるという意味も込められているようです。次に一の重と言って一番上にくるように詰められているのが口取りや祝肴でニの重は焼き物、三の重は煮物や煮しめになり与の重は酢の物で五の重は空になっていて、この五の重はなぜ何も入っていないのかというと、現在の状態が一番最高なのではなく、まだまだこの先も富が増える事があると考えて空になっています。


最近の傾向としては手軽になっている為に、一段だけになっていてすべての食材が入っている場合が多く、多くても三段重などがほとんどになっていますが本来の構成としては五段重になっていて、入っている食材にも祝いの意味を込められていたり、家族が円満に過ごせるようにという意味のものが入っていたりするのも、祝いの料理としてふさわしいものです。



一年の始まりに家族揃って食べる祝いのおせち料理は、今後も日本で受け継がれていくでしょう。



おせちの特徴

通販で購入できるものは多くありますが、お正月に楽しむおせち料理も取り寄せとして購入する事が可能です。取り寄せであれば自分で作る手間や購入するために出かける手間がかからず、より手軽で特別感のあるおせちを楽しむ事ができます。...

more

おせちのテクニック

通販では様々な食材だけでなく家電や雑貨など購入する事が出来ますが、お正月に楽しむ食事となるおせちも購入できます。おせちは全て手作りするには手間がかかり、買い物に出かけるにも忙しかったりと難しいことも多いです。...

more

おせちの注目情報

日本では昔からお正月におせちを食べるのが風習となっています。もともと元旦、ひな祭り、端午の節句、七夕、重陽という5つの節句に食べる料理のことを、節目の日に食べることから御節供と呼んでいました。...

more

おせちの知識を増やす

おせちは新年を祝うお正月に食べる食事であり、重箱に詰められており特別感があります。お祝いの食事というだけでなく、重箱に詰めて保存することで長期的に料理を楽しむ工夫がされている料理の1つです。...

more
top