スマホ修理海老名で修理先を探すというのであれば、「文字通り大破してしまったならば公式修理」、「機能が上手く働かないならば非公式修理」という事でそれぞれ探す事になります。公式修理の時はスマホ修理海老名の後に、スマホのメーカー名や大手家電量販店名を入れたら見つかりますし、非公式の時はスマホ修理海老名の後に、総務省認定業者という単語を入れて探せば妥当なお店が出て来ます。ただ差ほど修理を急いでいないというならば、幾つか試してみるべき再起動法も無いではありません。例えばスマホの調子が悪くなる原因は大きく分けて「電源トラブル」と「落下等の衝撃事故(※含む水没)」、そして「ウイルス等のソフト面の問題」の3パターンあります。

この中で電源トラブルが原因と考えられそうならば、バッテリー交換で普通に再起動する事も少なくありません。メカに弱くて自信が無いというのであれば、非公式修理にお願いするのが良いですが、そうでないならばちゃんと対応しているメーカーを調べた上で、バッテリーを購入し付け替えてみるというのも1つです。ちなみに、この時には出来るだけ国産のメーカーにする事をお勧めします。稀に海外の格安バッテリー等でお金を安く済ませようと考える人もいますが、この辺りは発火事故の報告が幾つか入っていますので確実を期すならば、やはり日本の物を選んだ方は無難です。

続いて落下等の衝撃事故ですが、この場合は例えば昨今ネット等で自己修理挑戦者向けの案内サイト等も立ち上がっていますので、画面が割れた等でしたら互換性のある部品をその辺りの案内に従って入手して、組み換えに挑戦してみて下さい。ただ、この時に絶対厳守事項が1つあり、「意味が分からない」という所が少しでもあったら、無理して分解しようとしたりコードを変に外したり切ったりしない事です。例えば自転車であったり、時計の類等でしたら分解と失敗を繰り返して学ぶ様な面も無いではありません。ですが、スマホの場合は精密機械になり、少しの静電気やコード外し等が命取りになってしまう事も多いです。

その点を勘案するならば、「知らない事はやらない」が鉄則事項と思って下さい。ちなみに、水没事故の場合は、一般修理の範疇外になりますので非公式にお願いした方が無難です。そして最後のウイルス等のソフト面の問題ですが、これに対処したいのであればまずは説明書を熟読して再起動法をしっかり理解しておく事と、PCを持っているならば事前にそっち側からの再起動法を熟知しておく事が重要です。ウイルス関係は対策ソフトを入れているのと、いないので大きい差がありますがこれだけでも息を吹き返す事が少なくありません。

この辺りの可能性を全て検討した上で、手に余ると判断した場合には専門家の出番になるという様に考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です