お正月に食べるおせちについて

日本では昔からお正月におせちを食べるのが風習となっています。

お手軽さが魅力のおせちが気になる方に必見の情報です。

もともと元旦、ひな祭り、端午の節句、七夕、重陽という5つの節句に食べる料理のことを、節目の日に食べることから御節供と呼んでいました。



その中で最初の節句である元旦に食べる料理について、御節供がおせちと略されて今の正月料理を意味するようになったと言われているのが名前の由来です。おせち料理は多くの場合重箱に入っていますが、めでたさを重ねるという意味で縁起をかつぐため重箱に入れて重ねて準備すると言われています。一の重にはお屠蘇をくみかわす時に祝う祝い肴、二の重には酢の物や焼き物、三の重には煮物といったように、それぞれのお重に詰められるものがある程度決まっているのも特徴です。


おせち料理は中身に様々な願いが込められていることでも有名です。
例えば、数の子は卵の数が多いことから子孫繁栄を願って食べられていたり、黒豆はまめに働きまめに暮らせることを願って食べられていたりします。



その他にも、腰が曲がるまで長生きできるようにと長寿の願いを込めた海老や、よろこぶという言葉に掛け合わせた昆布など、具材に様々な願いが込められているのが特徴です。
おせち料理には多くの意味が込められており、昔から多くの人に愛されてきた大切な風習です。何気なく食べているものにどういった意味が込められているのか考えてみるのも面白いでしょう。
子孫繁栄や豊作、長寿など多くの願いが込められている素敵な風習です。

top